福祉の資格で手に職!国家資格もあるから何かと安心!福祉資格ドットコム
福祉の資格にはどんなものがあるとお考えですか??

様々な資格がある中で、今後福祉の資格は需要が高まることは間違いありません。
資格の中には、介護福祉士をはじめとする、社労士や社会福祉士等、
種類は豊富です。

福祉の資格を取得しようと考えている人の大多数は、
将来、自分の母や父に介護をしなくてはいけなくなった際の、
事前勉強、体験という意味で取得しようとする人が多いのはご存知ですか?

仕事としてではなく、あくまでも身近に介護を要する人が今後出来る人も、
この介護の資格を取得しようと挑戦しています。

様々な福祉の資格がある中で、本当に自分のニーズに合った資格を取得できるよう、
一つ一つ細かくご説明していきたいと思います。

これからの高齢化社会を迎えるにあたり、
正直言って資格の所有数はまだまだ少ないです。

需要が確実に高まっていく中で、
いち早く福祉の資格を手にしてみてはいかがでしょうか。

女性の方にも吉報です。
ケアマネージャーや介護士の資格は、女性の方が繊細で、
気配りが出来るとし、重宝されています。

また、中途採用でも30代後半になってくると、再就職が難しく、
一度は結婚でリタイアして、再度職場復帰を目指そうと考えても、
実際に就職活動を開始しても、結局はどこも断られてしまった・・・
なんて経験をしている人もあると思います。

しかし、福祉の資格を一つ持っているだけで、
いきなり現場責任者の立場に立てたりと、第一線に復帰できる可能性があります。

各ページの最後に、資料請求の項目を作成しました。
無料で資料請求が出来るので、皆さん張り切って資料請求して福祉の資格をゲットしましょう!




国家試験の一つであり、介護に関して、相当専門的な知識を要します。

受験に関してはいきなり試験を受けることは出来ず、
大学、専門学校で履修していたり、実務経験が必須。
ただ、最近では企業の募集要項をチェックすると、
介護福祉士取得者は相当優遇されているのが現状です。

医療事務の最大の特徴は、一度この資格を取得すると、
一度現役をリタイアしてしまっていても、
すぐに復帰しやすいのがこの資格なのです。

仕事の業務内容は、カルテの管理業務、窓口業務のほかに、レセプトと呼ばれる、
診療報酬明細書の作成等があります。

2級に比べると、さらに難易度が上がり、
ヘルパー達を束ね、いきなり主任を任されることも。

雇用体系や正社員や常勤という扱いが多く、収入が安定することが特徴的です。
ケアマネージャーへの道のりという見方もあり、
今後福祉の資格を取得するには非常に目指しやすい!

2級のメインの仕事になると、障害者の家や高齢者の家を訪問し家事手伝いであったり、
食事のサポート、身体の介護等。
就職先としては、医療機関や病院、デイサービス等
ただ、3年以上経験を詰んだ人は、介護福祉士の受験資格が手に入り、
合格すると給料が一気にアップします!
仕事の幅も増えるので、一度挑戦してみては??

福祉の資格の中でも、特に人気がありますが、難易度も高いのがこのケアマネージャーです。

収入も高く、一般的には月額で30万円以上といわれているのですが
実際に受験する際には筆記はもちろん、実務研修受講といわれる
試験があることも忘れてはいけません。
合格率は3割から4割といわれています。

母子福祉センターや保育園、託児所に勤め、基本的にはお母さんの代わりとなって、
子供達の世話であったり、しつけ、日常生活の世話をします。

ただ、保育士は誰でもなれるわけではなく、必須項目があります。
大学を卒業していたり、専門的な知識を学校で学んでいたり。
5年以上の実務経験がある人が受験することが出来る資格です。

ケアクラークとも呼ばれるこの資格は、医療事務とは似ていますが、
実際の業務が変わってきます。正確には介護報酬事務とも呼ばれます。
ケアマネージャーの下につき、介護事務員が派遣され、
売り上げの管理や請求書の作成等を担っていきます。
介護事務は基礎知識があれば誰でも取得できる資格ですので、
医療関係の資格として手始めにどうでしょうか??

職場は調剤薬局のほか、ドラッグストア等が就職先となりますが、
仕事の内容としては、医師の処方箋をもとにして、
薬の調剤をする場所の受付であったり、明細書の発行がメインの仕事となります。

現状、薬剤師の数は減少していますが、
それ以上に調剤報酬請求事務も同じように数が足りません。

子供が好きだという気持ちも必要ですが、実際の業務としては、
子供のトイレの世話のほかにも、子供の送迎や食事、
お出かけの映画館やアミューズメントパークに連れて行くことも。
職場は託児所の他に、アミューズメントパークでの子供を預かったりと、
様々な仕事があります。核家族や女性が第一線で職場に出ることもあり、
最近ではますますニーズが高まってきているのが現状です。

香りとその雰囲気によって、心身を癒してくれるのがアロマテラピストの仕事です。

植物から抽出された天然の精油は、生命力を生み出しますが、
正しい知識をもってこそ、この資格は生きてきます。
医療関連施設に勤める人や、独立して開業する人もいる
最近では根強い人気を誇っています。

今後、将来有望になるであろう資格が、この介護予防指導員です。
高齢者を要介護の状態にさせないこと、さらに、既に要介護状態でも
それ以上に悪化させないことを改善させる事が仕事の本質です。
身体を動かしてあげたり、外出を促すことによって、
心のケアのほかに、心配機能や運動機能の向上を図るのです。
専門的な知識も十分必要なため、月収も他の資格に比べ高いケースがあります。

食事は元気の源です。病気の方も、健康な方でも、
栄養の取り方を間違えてしまうと、すぐに体調に出ます。
管理栄養士は、傷病者に対する栄養指導をします。
栄養士の資格を持っている事が大前提となるのですが、
この資格を所持していると、いきなりチーフクラスへ昇格も。
国家試験をパスしないと取得できない資格ですが、やりがいは十分です!

欧米の方では、肌の刺激等に弱く、ちょっとした痛み、
そしてストレスを感じるとすぐに体調に現れます。

このリフレクソロジストとは、俗に言う、リラクゼーションを行う人です。
就職先に関しては、独立開業を行う人がいたり、学校の直営店であったり、
介護施設に就職することもあります。ソフトタッチのマッサージをするスペシャリストです。

何か問題をもっていたり、悩みを持っている人は数多くいます。
学校や職場では最近そのような深刻な悩みを抱えている人は増加しています。

その中でも、家庭内ではアルコール依存症、DVや不登校気味の子供、
うつ病といったものまで、年々心に悩みを抱えている人は今後も増加します。
カウンセリングとカウンセラーの両方、これを備えている人が必要です。

介護と国家資格
介護関係の資格はさまざまなものがありますが、
介護関係の国家資格とはどのようなものが...
介護福祉士
介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれています、介護福祉士とは、
高齢者や障害を持つ人の...
社会福祉士
社会福祉士とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、
本人の心身の問題や本人を取り巻く環境...
社会福祉主事
社会福祉主事とは、社会福祉法で定められた任用資格で、
生活保護法、児童福祉法、母子寡...
社労士
社労士は、正式には社会保険労務士といいます、
社労士は大きく、開業して企業などと契約...
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターとは、
高齢者や障害者が生活しやすい住環境を提案する人のこ...
精神保健福祉士
精神保健福祉士とは、1997年に国家資格として誕生しました、資格として認められたのは11年前...
保育士
保育士とは、保育園などで子供に接する仕事をする人が有する資格です。
介護ヘルパー
介護ヘルパーとは、一般的にホームヘルパーとも言われています、
介護ヘルパーとして勤務...
医療事務
医療事務とは、
病院の受付業務、会計業務、診療報酬請求業務、オペレータ業務、カルテ管...
介護事務
介護事務は、ケアクラークとも呼ばれています、
介護事務とは、主に介護報酬の請求業務を...
介護支援専門員
介護支援専門員はケアマネージャーとも呼ばれています、
介護支援専門員とは、公的介護保...


福祉の資格で手に職!国家資格もあるから何かと安心!福祉資格ドットコム
「ふくしチャンネル」 / 福祉と介護の総合サイト
高齢者福祉、介護サービスの検索、福祉用具に関する情報等。全国福祉情報推進協議会が運営。 ... ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。 HOMEHP検索ニュース検索福祉・介護のお悩み相談掲示板NPO ...